インプラントは審美性を大切にしている歯科医へ│ホワイトスマイル

白い歯

歯医者の診療

歯医者はこれからどのように変わるのか

歯科

歯医者は、いま厳しい状況にあるのです。その原因は、歯医者が治療する患者が減少していることと、保険診療で得られる診療報酬が低いということにあるのです。経営が厳しくなった歯医者は、より利益を上げることが出来る診療へと移行せざるを得ないのです。その結果、保険診療から自由診療へと重点を置く歯科医院が増えているのです。自由診療が増えると、収入が増えるだけでなく、保険診療では出来なかった高価で質の高い治療が可能です。それは患者を集める看板にもなりえるのです。ただし、現在のところは保険診療と自由診療が混在する混合診療の中で、自由診療の割合を増やそうとしているのがほとんどです。今後は、報酬が安い保険診療に見切りをつけて、自由診療に絞る歯科医院も増えていくと予測されるのです。

歯のこともセカンドオピニオンで相談する

歯が抜けてしまったとき、その部分をどのようにするのかは、いくつか方法があるのです。入れ歯にブリッジ、インプラントと歯医者によって提案される方法は異なるのです。しかし、全ての治療法について懇切丁寧に説明を受けるということは、そう多くはないはずです。結果として歯医者が勧める方法が取られることでしょう。それで満足するのであればいいのですが、後々別の方法が良かったと後悔することもあるのです。また、歯医者の腕が悪くて、治療したはずの歯が痛むということも良くある話です。どちらも、一つの歯医者だけにかかっているから引き起こる問題です。一般的な外科、内科のことであれば、あらゆる治療法から最善の方法を選ぶためにセカンドオピニオンを行うことがあるのです。だとすれば、歯のことでもセカンドオピニオンを行うことも、おかしなことではないのです。むしろセカンドオピニオンを積極的に推奨する歯科医院もあるので、ネット等で調べて診療してもらうことを検討すべきです。その結果現在かかっている歯医者の方針に問題ないとわかれば、そのまま治療を継続すればいいのです。